ノバルティス ファーマでは、多くのかたに当社ホームページをご利用いただけるよう、アクセシビリティに配慮したホームページをご用意しております。このサイトは網膜ドットコムです。ページ内を移動するためのショートカット

糖尿病網膜症および糖尿病黄斑浮腫(とうにょうびょうおうはんふしゅ)の情報サイト

文字サイズを変更
背景色を変更

糖尿病黄斑浮腫について糖尿病黄斑浮腫の薬物療法

VEGF阻害剤(眼内への注射)

糖尿病黄斑浮腫は、網膜内の毛細血管から血液成分が漏れ出すのを促すVEGF(血管内皮増殖因子:けっかんないひぞうしょくいんし)という物質によって引き起こされます。

VEGF阻害剤による治療は、このVEGFの働きを抑える薬剤を眼内に注射することで血管成分の漏れを抑制する治療法です。

VEGF阻害剤 眼内への注射(イメージ図)VEGF阻害剤 眼内への注射(イメージ図)

ステロイド薬

ステロイド薬は、炎症を抑えたり血管から水分が漏れ出てきやすい状態を改善する物質です。この薬剤を眼内などに注射することにより、黄斑浮腫を抑えます。

ステロイド 眼内への注射(図)ステロイド 眼内への注射(図)
監修:
名古屋市立大学 視覚科学 
教授 小椋祐一郎先生

糖尿病黄斑浮腫サイトマップ

「糖尿病黄斑浮腫(とうにょうびょうおうはんふしゅ)」は、糖尿病網膜症(糖尿病性網膜症)の合併症として網膜にある黄斑という部分がむくみ(浮腫)、網膜症の初期段階でも視力障害が起こる病気です。
この「糖尿病黄斑浮腫」と、糖尿病三大合併症の一つで失明に至ることもある「糖尿病網膜症(糖尿病性網膜症)」という眼の病気について、その症状や治療法、定期的な眼科受診の重要性とあわせて詳しくご紹介しています。